家出人捜査の流れを追う

日本の家出人は8万人以上…捜索はどうなっている?

家から家族がいなくなったら、とりあえずというわけではないですが、ほとんどの人は警察に駆け込むことでしょう。 しばらく待ってみたいときもあるでしょうが、失踪から1週間以内で見つかるケースが一番多いので、早めに警察に依頼するとよいです。 その場合、どういった流れになるのか見てみましょう。

警察の捜査のしかた

警察では、届け出を受理すると一般行方不明者と特異行方不明者とに分けられ捜査を開始します。 届け出人は居ても立っても居られないでしょうし、受理されたあとの警察の動きはどういう感じなのか気になるところです。一般行方不明者の場合と、特異行方不明者の場合とでまとめてみました。

探せない場合と費用について

一般行方不明者以外にも、警察の捜査ができないケースがあります。 こうなると自力で探すしかありませんが、居場所を知られたくないという家出人の意思を尊重する必要があるかもしれませんね。 警察を利用した場合の発生する費用はいかほどかもあわせてみていきましょう。

家出人(行方不明者)とは

家族が家出してしまった…
所在がわからなくなってしまった…

様々な状況がありますが、家出人が出るということは大変なことです。
警察の統計によるとここ数年、8万人以上の行方不明者届が受理されています。届け出を含めないとするともっと多くの行方不明者がいると考えられます。
家出というと若者が短絡的にしてしまうもの、というイメージがありますが、年々増えているのは高齢者の認知症によるものです。こういった突発的な家出だけでなく、計画的な家出というのも少なからずあります。

以前は、警察には家出人捜索願というものを届け出たのですが、最近になって名称を改めて「行方不明者届」になっています。
家出人の発見・保護率は非常に高く、心配ないと考える人もなかにはいますが、そうかといって放っておくのは悪手です。
時間がたてばたつほど、事件に巻き込まれたり自殺に至ったりする可能性が高いのです。捜査は初動が肝心となります。

統計上、毎年多くの家出人が出ているとはいえそんな身近な話というわけでもないので、いったいどのように捜索するのか疑問もあるかと思います。
テレビで家出人捜索番組を見たことがある人は多いでしょう。
テレビという広く情報を伝える媒体で家出人の細かい情報を拡散したり、探偵業の方とマスコミが協力して聞き込みをする場面が思い起こされます。
このサイトでは、実際に家出人捜査はどう行われるのかまとめてみましたので参考にしてみてください。