家出人捜査の流れを追う

日本の家出人は8万人以上…捜索はどうなっている?

家出人は二つに区別される

家出人を捜索するときはまずは警察に行きましょう。
自力で探したい場合もあるでしょうが、素人には限界があります。
行方不明者届を提出してできる限りのことはしておくべきです。

行方不明者とは本来の生活拠点からいなくなり、どこに居るかわからないために規定によって届出された人を指します。

その行方不明者のなかでも、二つに種類が分けられています。
ひとつは特異行方不明者といいます。
これは事件や事故に巻き込まれている可能性が高い人や、自殺をほのめかす遺書などを残している人、高齢や年少で自救能力がない人などが該当します。

もう一つは一般行方不明者といい、特異行方不明者に当たらない人を指します。自らの意志で家出をしたことが明らかだったり、事件性が低いと判断されたときにこちらに分類されます。

家出人を探してもらうには

家出人の捜索願を出すときには、届け出人か家出人の住所の管轄か、失踪した住所の管轄の警察署に行きます。
捜索願を出せる人は、親族やそれに準ずる者が可能となっています。

捜索には細かい情報がある方が有利となりますので、なるべく提供するようにしましょう。本人の写真はもとより、いなくなった場所や思い当たる失踪原因、家出当日の服装、所持品などの情報を提供できるとベターです。

ただし、届け出たからといって必ずしも大がかりな捜査をしてくれるとは限りません。警察には原則、民事不介入のルールがあります。ですので、事件性の高い特異行方不明者を除いた一般行方不明者については、積極的に捜索はしてくれません。
毎年8万以上もの行方不明者がおり、すべてに対応してしまうと本来の業務の妨げになるという事情もあります。